スイッチングレギュレーター用ICのMC34063

スイッチングレギュレーター用ICのMC34063で

ニキシー管電源の出力電圧の200Vを作り出すには、

MC34063の5番ピンに、R3:330kΩとR4:2kに分圧した電圧を入れます。

昇圧した出力電圧は330k/2k*1.25+1.25=207.5Vになります。

過電流保護はRsc=0.3/Ipk(switch)で抵抗を求めるが、逆に抵抗を0.1Ωとした時、0.3v/0.1Ω=3Aとなります。

電力w=3×3*0.1=0.9より1wの抵抗を選定すること。

①発振周波数を30kHzとした場合は1000pfを選定する。

②発振周波数を100kHzとした場合は200pf(220pf)を選定する。

20kHz以上であれば人間の耳には発振ノイズは聞こえない。

①の場合、スイッチt onは20us、スイッチt offは4us

②の場合、スイッチt onは6.5us、スイッチt offは3.5us

①の場合、ステップアップではL(min)は

(Vin(min)- Vsat)/Ipk(switch)*ton (max)=((9-0)/2*200*0.005)*20=90uH以上なので

100uHを選定する。

②の場合、ステップアップではL(min)は

(Vin(min)- Vsat)/Ipk(switch)*ton (max)=((9-0)/2*200*0.005)*6.5=29.25uH以上なので

100uHを選定する。

ピーク電流の計算

①の場合、Ipk =(Vin(min)- Vsat) /L*ton (max)= (9-0)/100*20=1.8A

L の許容電流値:IL(MIN)=3.6A 以上となります。

②の場合、Ipk =(Vin(min)- Vsat) /L*ton (max)= (9-0)/100*6.5=0.585A

L の許容電流値:IL(MIN)=1.17A 以上となります。

コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Sorry, the comment form is closed at this time.