AVRマイコンの書き込み(4)

前回でArduino Uno R3をライタにしました。

Arduino IDEを利用してArduino Uno R3をライタとして、

ブレッドボード上に配線したATmega168Pにプログラム(スケッチ)を書き込みのつづき。

ATmega168Pにブートローダを書き込みます。これは1度だけでOKです。

ツール-ボードーATmega168を選択

書込み装置 Arduino as ISP

『ATtinyを使用する場合は、以下、

ツール-ボードー「ATtiny24/44/84(a) (No bootloader)」を選択

bootloaderは選択しなくていい。』

一度だけ、ツール-ブートローダを書き込むを実行する

ブートローダの書き込みが完了しましたが表示されたらOK

コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Sorry, the comment form is closed at this time.