AVRマイコンの書き込み(1)

ニキシー管時計はAVRマイコンを使用しています。

以前は、ATmega168Pを使用していましたが、廃盤のためATmega328Pを使用しています。

今回は、arduinoプログラムをATmega168Pでの作成方法を書きます。

arduino uno R3のマイコンはATmega328Pですが、

他のATmega168P等のavrマイコンにでも書き込めるようにします。

arduino uno R3はブートローダーを使用することに(シリアル通信)よりソフトを書き込めるため、

別途ライタを用意する必要がありません。ただしATmega328P専用。

この、arduino uno R3を書き込み機(ライタ)に変更させれば、他のATmega168P等のマイコンにソフトを書き込み、

arduinoとすることができ、arduinoの様々なライブラリを使用することができます。

Arduino IDEを利用してarduino uno R3をライタにして、

ブレッドボード上に配線したATmega168Pにプログラム(スケッチ)を書き込む手順を書きます。

用意するもの

ブレッドボードにATmega168Pと水晶発振子(16MHz)と積層セラミックコンデンサ(22pF)× 2個を実装したもの

リセット端子に10kΩ

Arduino Uno R3

以下のように配線します。

168Pと328pのピンアサインは同じです。

コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Sorry, the comment form is closed at this time.