Atmel StudioでArduino UnoをライタとしてブレッドボードのAVRマイコンにプログラム(スケッチ)の書き込み

Arduino IDEの代わりに、Atmel Studioを使用する。

Arduino Unoを書き込み器として設定します。以下の1から3の設定をしてください。

ツール-外部ツール

タイトル ArduinoISP

コマンド C:\arduino-1.8.15\hardware\tools\avr\bin\avrdude.exe

引数

-c avrisp -P COM5 -b 19200 -p m168p

-U flash:w:$(ProjectDir)Release\$(TargetName).hex:i

-U lfuse:w:0xFD:m -U hfuse:w:0xDE:m -U efuse:w:0xFF:m

-c

avrisp Atmel AVR ISP・ArduinoISP
avrisp2 Atmel AVR ISP mkII

atmelice_isp Atmel-ICE

-P

COM○ インターフェイスはcomポート経由

usb インターフェイスはUSB経由

-pはデバイスの指定

C:\arduino-1.8.15\hardware\tools\avr\etc\avrdude.conf 参照

m168pはATmega168P

m328PはATmega328P

t44はATtiny44

t45 ATtiny45
t84 ATtiny84
t85 ATtiny85

-vはメッセージのレベル

省略

C:\arduino-1.8.15\hardware\arduino\avr\boards.txt

Arduino Uno
extended_fuses=0xFD
high_fuses=0xDE
low_fuses=0xFF
unlock_bits=0x3F
lock_bits=0x0F

Use Output windowにチェック

コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Sorry, the comment form is closed at this time.